昇級・昇段審査がありました


佐久合気道会では、年に2回、昇級・昇段審査があります。

夏は6月か7月、冬は11月か12月に、遠藤師範に審査していただきます。

平性27年度の夏期審査は6月21日(日)13:30開始でした。

審査内容は下の表のとおりで、合気道本部道場と同じです。

今年は5級から4段まで、すべてに受審者がありました。

同じ級・段の受審者を受け・取りにする場合もありますが、先輩に受けをとらせて時間短縮したり、

近い級・段の審査を同時にやったりもします。

今回は90分しっかりやり、無事全員合格しました。

筆者は審査対象外でしたが、遠藤師範の言葉から、今回重要なことを学びました。

「級の人も、高段者も同じ技を見せてもらいます。違いがあってしかるべきでしょう」

「勝手に省略してはいけない。丁寧に、雑にならないように」

「普段の稽古がこういう場面で出ます」

技を覚えるだけではダメで、奢らずに謙虚であり続けることが大切です。その難しさを感じました。

審査内容.jpg


閲覧数:409回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月現在まだレベル5ですが、長野県の方針に沿い、感染対策を充分にしたうえで、無料体験、見学を再開します。 3月、4月とたくさんのお問い合わせをいただき、ありがとうございました。 これまで佐久合気道会ではオンライン稽古のみで、無料体験や見学もできませんでしたが、2022年5月9日より、通常稽古の再開を決定しました。 無料体験・見学をご希望の方には、大変お待たせいたしました。 改めて、ホームページの

新学期を前に、入会希望や無料体験のお申し込みをたくさんいただきましたが、長野県の定める新型コロナウイルス警戒レベルが4以上の間は、残念ながら無料体験は受け入れ不可となっています。 通常稽古も休止中で、指導者が道場からオンラインで稽古を中継し、会員は自宅からリモートで(スマホかPCで)参加しています。 無料体験は、警戒レベル3以下になったら再開予定ですので、しばらくお待ちいただきたく、お願いいたしま

新型コロナウイルスの感染者数、落ち着いてきましたね。 当会では検温、マスク、手指消毒、換気をしっかり行って稽古をしています。 このところ新規の体験希望、入会者が増えています。 「いったんは体験申し込みしたのに、レベル4で保留になった」 「なんとなく不安があって体験希望出せなかった」 「道場に行くのは敷居が高くて躊躇していた」 こういった方々が、再度コンタクトしてくださっています。 合気道は誤解され