検索
  • Mineo Atobe

昇級・昇段審査がありました


佐久合気道会では、年に2回、昇級・昇段審査があります。

夏は6月か7月、冬は11月か12月に、遠藤師範に審査していただきます。

平性27年度の夏期審査は6月21日(日)13:30開始でした。

審査内容は下の表のとおりで、合気道本部道場と同じです。

今年は5級から4段まで、すべてに受審者がありました。

同じ級・段の受審者を受け・取りにする場合もありますが、先輩に受けをとらせて時間短縮したり、

近い級・段の審査を同時にやったりもします。

今回は90分しっかりやり、無事全員合格しました。

筆者は審査対象外でしたが、遠藤師範の言葉から、今回重要なことを学びました。

「級の人も、高段者も同じ技を見せてもらいます。違いがあってしかるべきでしょう」

「勝手に省略してはいけない。丁寧に、雑にならないように」

「普段の稽古がこういう場面で出ます」

技を覚えるだけではダメで、奢らずに謙虚であり続けることが大切です。その難しさを感じました。


406回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

佐久圏域警戒レベル4への対応

2021年4月6日、長野県は新型コロナウイルスの感染者が相次いで確認されている佐久地域について、警戒レベルを上から3番めの「4」に引き上げました。 当会ではこれに対応し ・当面、見学や無料体験の受け入れをとりやめる ・レベル3以下になるまで、佐久道場での稽古はオンライン稽古とする。 ・オンライン稽古の体制が間に合わないクラスは、休講とする。 ・オンライン稽古は、会員限定のライブ配信、またはweb会

2021年3月22日現在コロナウイルス対策

現在、佐久合気道会では、新型コロナウイルス対策として、下記条件で稽古を行っています。 感染の状況により、流動的に規制を強化/緩和しますので、ご承知おきください。 《すべての稽古を休講とする場合》 ・県の定める警戒レベルが佐久保健所管内で4以上となった場合(3までは稽古あり) ・会員並び同居家族に陽性者・濃厚接触者が確認された場合、10間休講とする 《参加条件》 ・37度以上の発熱、体調不良の者は稽

2021年2月現在コロナウイルス対策

現在、佐久合気道会では、新型コロナウイルス対策として、下記条件で稽古を行っています。 感染の状況により、流動的に規制を強化/緩和しますので、ご承知おきください。 《道場閉鎖する場合》 ・佐久市内で感染者が確認された場合のみ道場を1週間閉鎖とする。 ・佐久保健所管内が県警戒レベルが4に引き上がった場合。(レベル3までは稽古あり) ・会員並び同居家族に陽性者並びに濃厚接触者が確認された場合、10日間閉

所在地

〒385-0003 長野県佐久市下平尾596-6

お問い合わせはメール画面からどうぞ。

​(電話は不在等でお返事が遅れることがあります)

電話/FAX : 0267-68-5533

    アクセス